サポート情報

データセンター

お客様の大切なデータは、ISO/IEC 27001規格に適合しパフォーマンス・レベルがTier4(ティア4)相当の堅牢なデーターセンターで管理いたします。

ティアレベル 4相当(最高レベル)
耐震構造 床重量1t以上の耐震構造(500kg/平方m)
空調 冗長性を確保した無停電空調システム
防災 超高感度煙探知機によるガス式消火システム
給電 スポットネットワークグループによる特別高圧受電、無停電電源装置の冗長化、自家発電装置
回線 複数キャリアの光ファイバー網を敷設したマルチキャリア対応
セキュリティー 365日24時間警備・目視監視、監視カメラ、ICカード入退出管理

地震や津波、液状化などの自然災害に強いデータセンター

○ 耐震性と水害対策
データセンターの建物は、震度6強に耐えうる耐震構造の強化ビルです。(耐震安全性分類:Ⅱ ※1) 阪神・淡路大震災規模の地震には十分耐える想定をした建物であり、万が一の際でも設備やデータは守られ、滞りなくシステムをご利用頂けます。
また、津波や高潮の対策として、センターの入口は平均海面潮位から+4.2mの潮位の上昇に耐えられる高さに位置しており、安全な構造となっています。

※1. 耐震安全性Ⅱ類とは:大地震動後、構造体の大きな補修をすることなく建築物を使用できることを目標とする建物。(官庁施設の総合耐震計画基準 より)


○ 周辺の強固な地盤
データセンターは、東京都において高潮や液状化といった災害を受けにくいエリアに立地しています。 地下約15mには支持層が、約20mに岩盤層があるという液状化リスクの低い良質な地盤です。さらに、25mの支持杭も埋められており、建物は固定された状態になっています。
また、東京都都市整備局による「第7回 地震に関する地域危険度測定調査 ※2」において最もリスクの低いランク1という評価をされています。

ページトップへ

お問い合せ・資料請求

サポート情報についてのお問い合せ・資料請求はこちら

  • 資料請求・お問い合わせ
  • お電話でのお問い合わせ 047-422-1291
  • 受付時間:月~金曜日(祝日・弊社休業日は除く) 9:00~17:30