多言語版 在庫管理システム「ci.Himalayas/GLOBAL」

ci.Himalayas/asia資料請求・お問い合わせ

在庫管理システム ci.Himalayas/GLOBALとは

ci.Himalayas/GLOBALは、海外拠点での使用に対応した多言語版の在庫管理システムです。

「中国語」「英語」「タイ語」「インドネシア語」「ミャンマー語」の5言語での表示が可能です。クラウド型のため、日本と海外の拠点で同一のシステムが利用でき、データも一元管理できるため、ASEAN各国と中国に展開する日系企業様のグローバルSCMに対応できる在庫管理システムです。
中国語対応版を「ci.Himalayas/GLOBAL -CHINA Spec-」、英語・タイ語・インドネシア語・ミャンマー語対応版を「ci.Himalayas/GLOBAL -ASEAN Spec」として提供しています。

ci.Himalayas/GLOBALの3つの特長

特長1 クラウドで一元管理
クラウドサービスを利用するため、場所を意識せず、どの拠点でも同じシステムで管理することができます。日本に居ながらにして海外拠点のデータをリアルタイムに確認できるため、グローバルな現場において素早い対応が可能となります。
特長2 海外拠点の管理体制を強化
日本で使用する在庫管理システムをそのまま言語を切り替えて使用できるので、日本の質の高い管理体制を海外においても実現することができます。また、ユーザのパスワードポリシーを設定できるため、高いセキュリティ管理も可能です。
特長3 現地での導入・運用サポート
システム導入時には、現地立会やスタッフへの教育を行います。導入後は日本の24時間365日サポートに加え、中国・タイ・インドネシア・ミャンマーでは、現地サポートデスクで専任スタッフが対応するため安心してご利用いただけます。
⇒アジアサポートセンター

>>次のページ「システム画面」

ページトップへ