音声認識システム ci.Himalayas/voice 作業別ご利用方法【検品】

ci.Himalayas/voice資料請求・お問い合わせ

音声認識システム対応作業・業務

 

入荷検品・出荷検品作業における音声認識システム導入のメリット

検品

検品作業

情報の入力は全て音声で行うため、リストや端末などを手に持つ必要がなく、ハンズフリー・アイズフリーで検品作業が行えます。手元にある商品から検品することができるため、リストから商品を探す手間も省かれます。

システム照合は、バーコードスキャンだけでなく、商品名の音声入力で行うことも可能です。そのため、野菜や生鮮食品、通販商材、業務用商材などのバーコードの無い商品でも、システムによる照合が可能となります。商品名だけでなく、賞味期限やロット番号などの商品に紐づいた情報も音声によって照合できるため、正確で高品質な検品作業が実現します。さらに、ケース、ピース、バラといった荷姿単位での音声入力もできるため、複数荷姿の検品作業も効率良く進められます。

音声認識システムによる検品作業

ハンズフリー・アイズフリーによる検品作業

ハンズフリー・アイズフリーによる検品作業 紙のリストやハンディターミナルを持つ必要がなく、常に商品を見ながら検品作業を行うことができます。手元の商品から検品できるため、リストから商品を探す手間も省かれます。

バーコードスキャンによる商品照合

バーコードスキャンによる商品照合 バーコードスキャンには、手の甲や指に装着するタイプの小型のウェアラブルスキャナを使用します。ハンズフリーを邪魔しないモデルで、作業がスムーズに行えます。>>紹介動画はこちら

バーコードのない商品でも商品名入力で検品が可能

バーコードのない商品でも商品名入力で検品が可能 商品名の音声入力ができるため、野菜や生鮮食品、通販商材、業務用商材などのバーコード貼付のない商品でも、商品名で検品作業を行うことが可能です。>>紹介動画はこちら

>>次のページ「棚卸」

ページトップへ