東南アジア向け 海外物流ソリューション

ci.Himalayas/asia資料請求・お問い合わせ
多言語版在庫管理システムci.Himalayas/asia

ci.Himalayas/GLOBALは、海外拠点での使用に対応した、多言語対応のクラウド型在庫管理システムです。豊富な標準機能を持ち、お客様の運用に合わせて様々な条件で管理ができます。日本で数々の実績を持つ在庫管理システムを海外向けに最適化したシステムですので、海外拠点においても適正管理と物流品質の向上を実現します。
中国語に対応した「ci.Himalayas/GLOBAL -CHINA Spec-」と、英語・タイ語に対応した「ci.Himalayas/GLOBAL -ASEAN Spec-」の2バージョンを用意しています。


ci.Himalayas/GLOBALの3つの特長

特長1 世界中で利用可能な在庫管理システム
クラウド・クラサバ・ホスティングなど、ご希望の形態に合わせた環境をご用意します。柔軟な対応力と物流ノウハウを詰め込んだ多言語対応の在庫管理システムで、お客様のニーズにとことんお応えします。
特長2 グローバル・サプライチェーンを構築
受注・発注管理などとシームレスに連携し、グローバル・サプライチェーン構築の一端を担います。ロジスティクスの最適化を図り、国際競争力を強化します。
特長3 物流をトータルサポート
アジアサポートセンターが立上げから導入まで現地対応し、導入後は24時間365日のサポートデスクとシステムの正常性監視を行います。また、物流管理者育成や、スタッフの物流教育についてもアドバイス致します。

システム概要

多言語版在庫管理システム画面

マルチ言語対応で、「中国語」「英語」「タイ語」の3言語での表示が可能です(その他言語の構築実績もあり、順次対応予定)。充実した標準機能により、運用に合わせて様々な条件で管理ができます。

中国語
中国中国語
英語
アメリカ英語
タイ語
タイタイ語

拡大画像をクリックすると拡大表示します


クラウド型で多拠点一元管理

クラウド型でシステムを提供しておりますので、インターネット環境さえあれば、日本・海外のどの拠点からでもシステムをご利用頂けます。さらにWEB在庫照会機能を使えば、各国の拠点の在庫情報をリアルタイムに閲覧できるため、日本に居ながらにして世界中の情報を把握することができます。データも一元管理できるため、中国圏や英語圏に拠点を持つ日系企業様の、グローバルSCMに対応します。
また、設備投資の必要がないため、初期投資費用を抑えられ、短期間での導入が可能です。

多拠点一元管理

各国で最適なクラウド環境をご提案

ci.Himalayas/GLOBALの利用に関して、各国のお客様には最適なクラウド環境をご提案しています。

海外データセンター
○ 北京データセンター
中国北京に構えるクララオンライン社提供のデータセンターでは、中国国内におけるインターネット接続性の悪さを解決し、中国全土からの良好な接続環境を提供しています。

○ シンガポールデータセンター
タイ、マレーシア、ベトナムといったASEAN各国では、アマゾン ウェブ サービス社(以下AWS社)のデータセンター(シンガポールリージョン)を利用し、優れた接続性を確保しています。現在、同地域におけるシステム稼働センター数は10以上になります。

○ 東京データセンター
快適なシステム利用環境に加え、ティア(Tier)4 相当の設計規格と厳重なセキュリティ体制のもと、日本全国の拠点に向けサービスを提供しています。




ページトップへ