音声認識システム ci.Himalayas/voice 作業別ご利用方法【種まき仕分け】

ci.Himalayas/voice資料請求・お問い合わせ

音声認識システム対応作業・業務

 

ピッキング作業における音声認識システム導入のメリット

ピッキング

ピッキング作業

音声認識システムではリストや端末などを手に持つ必要がなく、完全にハンズフリーの状態で作業をすることができます。そのため、両手で荷物を取り扱うことができ、複数個のバラピッキングや重量物のピッキングも効率良く進められます。医薬品や危険物、割れ物といった商品も、両手で丁寧な取り扱いができます。
また、情報の確認や入力も全て音声で行うため、アイズフリーの状態で作業をすることができます。立ち止まって指示を見たり、実績を記入する必要がなく、目線を倉庫内や商品に集中させることができるため、次の行動への一歩が早く踏み出せます。常に周囲に気を配ることができるため、安全性を確保することもできます。

種まき仕分け方式

VAS 昨今、生鮮・青果・日配品を取り扱うTC倉庫を中心に需要が拡大している音声認識を活用した種まき仕分けシステム。より多くの企業様にローコストでシステムを活用して頂けるよう、音声会話フローをパッケージ化し『ci.Himalayas/VAS(Voice Assort System)』という独自システムとして物流企業様向け提供しています。

《トライアルサービスを開始しました》
実際に「ci.Himalayas/VAS」をご利用いただいているお客様と同じ環境・機能でデモンストレーションを行うことができます。 是非、お試しください。

種まき仕分け作業効率化パッケージ『ci.Himalayas/VAS』

種まき仕分け作業 「ci.Himalayas/VAS」を活用することにより、両手で商品の取り扱い
が可能になることはもちろん、作業完了と同時に次のまき先指示がガイダンスされることにより、無駄なくスピーディーな作業が可能となります。
また、音声ガイダンスに従い作業をするだけで仕分が完了するため、
熟練度を問わず誰でも簡単に使用することができます。
さらに、豊富なハードウェアのラインナップにより、常温・チルド
・冷凍など様々な温度帯に対応可能です。


ci.Himalayas/VASによる作業イメージ

            対象商品の入力  ●POINT●
 対象商品のバーコードをスキャンします

  種まき総量の確認  ●POINT●
 作業開始前に商品別の種まき総量を確認する
 ことでまき漏れを防止します

種まき仕分作業開始
  ●POINT●
  ①カゴ車に種まき先バーコードを貼付することで仕分け間違いを防止できます
  ②作業開始と同時に次の指示がガイダンスされるためスムーズに作業を行うことができます


ci.Himalayas/VASの3つの特長

特長1 作業効率及び正確性の向上
アイズフリー・ハンズフリーによる効果と、シーネットの物流ノウハウを活かした効率の良い音声会話フローにより作業スピードが上がり、作業効率が向上します。また、システムチェックにより「まき先」と「数量」の間違いを防止することが可能なため作業を正確に行うことができます。
特長2 現場レイアウトを自由に変更可能
固定設備が不要であり現場のレイアウト変更を柔軟に行うことができるため、急な店舗数の増加にも費用をかけず即座に対応できます。また、出荷数が多い時に空きスペースを有効活用して仕分け作業を行うことも可能となります。
特長3 高いコストパフォーマンス
音声種まき仕分けシステムの会話フローをパッケージングしたことにより、機能性の高さはそのままにローコストで導入することができます。

>>次のページ「検品」

ページトップへ