倉庫管理システム/在庫管理システム/WMS/(クラウド・ASP・SaaS型)でコスト削減を実現するシーネット

  • 製品に関するお問い合わせ、サポートはこちら
  • | 受付時間9時~17時30分(土日祝除く)

導入事例紹介

NEVシフトの進む中国市場において、入出庫管理の徹底でさらなる品質管理を追求し顧客満足を向上住友橡膠(中国)有限公司

住友橡膠(中国)有限公司全景

導入サービス

会社概要

社名 住友橡膠(中国)有限公司
本社所在地 中華人民共和国江蘇州常熟経済開発区
設立年 2002年6月(住友橡膠(常熟/蘇州)有限公司として創立)
従業員数
事業内容 ラジアルタイヤ・モールド及びその部品・タイヤ空気圧警報装置・タイヤクイック修理剤・自動車部品・ 自動車用品及び上記商品の付帯商品の卸売業務、代理販売、輸出入及びアフターサービス業務、その他 付帯サービスの提供
主要取扱製品 ラジアルタイヤ・モールド他

タイヤ、スポーツ、産業品の3事業をグローバルに展開する住友ゴムグループの中で中国国内向けの乗用車用タイヤ並びにトラック・バス用タイヤの製造・販売を担う中国法人、住友橡膠(中国)有限公司様では、サプライチェーン管理の側面からも徹底した品質の追求をされています。
その実現を加速したのはシーネットのci.Himalayas/GLOBAL。
それまで悩みの種だった中国国内の外部倉庫にまで管理のネットワークを張り巡らせることで、一段の品質管理向上とロス低減を達成することができました。今後はクラウドならではのメリットを生かし、営業本部・工場・各センター・物流企業・販売企業、そして顧客に横串を通すシームレスな在庫管理システムを構築することで、さらなるサービス品質の向上を図る意向です。*2018年5月31日現在

導入の経緯

生産品を外部倉庫で保管、先入れ先出しルールが不徹底

住友橡膠(中国)有限公司では、自社工場で生産した製品の保管・出荷を複数の現地倉庫企業にアウトソーシングしていました。
同社の製品についての基本ルールである先入れ・先出しは必須要件でしたが、委託先の倉庫では各企業がマニュアルで在庫管理を行っており統一されておらず、同社への報告は入荷数・出荷数のみで製造年月日に基づく出荷手順が曖昧になっていました。

システム選定のポイント

予算と導入スケジュール、そして何より効果の面から最適なソリューションを検討

同社工場にはERPシステムと生産管理システムがありましたが、グローバル規模で稼働している同社のシステムを修正するとなると、莫大な費用がかかるため、よいソリューションはないかと検討していたところ、シーネットのWMSが予算と導入スケジュール、そして何より効果の面から最適であると判断されました。

導入効果

入出荷管理の徹底で顧客満足向上、クラウド化を検討中

従来工場では毎日の入出庫状況を本部に報告するため、エクセルで設定した書式に手入力を行っていましたが、WMS導入後はシステムからのダウンロードで報告できるようになりました。
また、入庫からパレット毎に管理を行うことで先入れ・先出しのルールを徹底することができ、顧客満足の向上も図れました。

関連情報

導入サービス

業種

取扱商品

課題

最新導入事例のダウンロードはこちらから

お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせ

047-422-1291

受付時間 平日9:00~17:30(※土日祝除く)

メールでのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

当社へのアクセス

所在地 千葉県船橋市本町4丁目41番地19号

建物名 本町セントラルビル5F

アクセス JR総武線船橋駅 南口 徒歩5分