音声認識システム ci.Himalayas/voice 作業別ご利用方法

ci.Himalayas/voice資料請求・お問い合わせ

音声認識システム対応作業・業務

 

ピッキング作業における音声認識システム導入のメリット

ピッキング

ピッキング作業

音声認識システムではリストや端末などを手に持つ必要がなく、完全にハンズフリーの状態で作業をすることができます。そのため、両手で荷物を取り扱うことができ、複数個のバラピッキングや重量物のピッキングも効率良く進められます。医薬品や危険物、割れ物といった商品も、両手で丁寧な取り扱いができます。
また、情報の確認や入力も全て音声で行うため、アイズフリーの状態で作業をすることができます。立ち止まって指示を見たり、実績を記入する必要がなく、目線を倉庫内や商品に集中させることができるため、次の行動への一歩が早く踏み出せます。常に周囲に気を配ることができるため、安全性を確保することもできます。

摘み取り方式

両手で商品をピッキング

両手で商品をピッキング ハンズフリーの状態で作業ができるため、複数バラ商品やケース商品、重量物でも両手で取り扱うことができ、効率良くピッキング作業を進めることができます。

マルチピッキングに対応

マルチピッキング対応 一度に複数店舗を同時にピッキングできるマルチピッキングに対応しているため、少人数でも効率良く作業を行うことができます。>>紹介動画はこちら

バーコードスキャンと合わせることで作業精度が向上

バーコードスキャンと合わせたピッキング 音声とバーコードスキャンを組み合わせることで、より正確な作業を行うことができます。バーコードスキャンには、ハンズフリーを邪魔しない小型のウェアラブルスキャナを使用します。

マテハンとの連動が可能(例:ボイス(音声)+DPS「ボイデジ」※1

全ての作業を音声認識システムに切り替えるのではなく、作業内容やABCランク別に最適な方法を選択し(ハンディターミナル、DAS、GASなど)、音声認識システムと組み合わせることが可能です。「ボイデジ」では、アイテム数は多いけれど頻度は少なく、導線が長いBCランク品には音声認識システムを使用し、アイテム数は少ないけれど頻度が高く、導線が短いAランク品にはDPSを使用します。それぞれの特徴、メリットを生かし、最大限の費用対効果を実現します。>>ボイデジの概要を見る   /   >>紹介動画はこちら
※1 音声認識システムとデジタルピッキングシステム(DPS)を組み合せた、ABCランク別のピッキングソリューション。

>>次のページ「種まき仕分け」

ページトップへ