クラウド対応 遠隔監視カメラサービス「ci.Himalayas/エンカメ」

 

 

ci.Himalayas/エンカメは、遠隔地の物流倉庫や店舗、製造ライン等のセキュリティ対策とサービス品質向上を目的としたクラウド対応の遠隔監視カメラサービスです

物流倉庫や店舗、製造ラインにおける「防犯・防災対策」「不審者の立入りや盗難の監視」「倉庫内や商品、設備の監視」「作業員や作業状況、安全の確認」「内引き対策」「製造ラインにおけるフードディフェンス」「個人情報取扱い現場における情報漏洩対策」など、セキュリティに関する様々な取組みをクラウド対応 遠隔監視カメラサービス「ci.Himalayas/エンカメ」によって可能にします。
カメラで撮影した映像データをクラウド上で保管することにより、初期費用を抑えてわずかな月額利用料で手軽で安全に・高品質な遠隔監視カメラサービスをご利用いただけます。シーネットではサービスのご提案から監視カメラの設置、サポートまでワンストップでご提供しております。

※シーネットのクラウド対応 遠隔監視カメラサービスは、米Eagle Eye Networks, Inc.(イーグルアイ)のサービスを利用し、イーグルアイ国内認定ディストリビュータの株式会社イグアスとパートナー契約を結んで提供しております。

遠隔監視カメラサービスの3つの特長

特長1 クラウドで低価格・手軽に利用できる
クラウドを利用することでネットワークビデオレコーダー(NVR)を設置する必要がなく、初期費用を抑えてわずかな月額利用料で手軽に遠隔監視カメラサービスを利用できます。 データの保存期間は最長1年間まで可能であり、必要な情報を十分な期間保持できます。
特長2 いつでも、どこでもモニタリング
ライブ映像も録画映像もWEBブラウザでモニタリングできるため、インターネット環境があればいつでもどこからでも遠隔監視カメラサービスにアクセスできます。遠隔地を含む多拠点の監視カメラを同時にモニタリングすることも可能であり、監視業務の効率化を実現します。
特長3 強力なセキュリティ
暗号化だけでなく、イーグルアイ社独自のセキュリティ技術により、より強力にお客様の大切なデータを外部の脅威から守ります。また、カメラ毎のアクセス権限の設定も可能であり、利用目的に応じた適切なセキュリティ管理ができます。

遠隔監視カメラサービスを詳しく知る

クラウド対応の遠隔監視カメラサービスは、カメラで撮影した映像データをクラウド上で保管することにより、物流倉庫や店舗、製造ラインなど監視の対象となる場所には、ネットワークビデオレコーダー(NVR)の設置が必要なく、ネットワークカメラ(IPカメラ)とインターネット回線、カメラとクラウドをつなぐブリッジを設置することでご利用頂けます。 現在ご利用中のアナログカメラを含む監視カメラ、防犯カメラをそのままお使い頂き、クラウド化することも可能です(一部対象外機種あり)。高度な暗号化とイーグルアイ社独自のセキュリティ技術により、外部の脅威から大切な映像データを守ります。

 

ネットワークカメラ(IPカメラ)の映像データは、WEBブラウザを通していつでもどこからでもモニタリングできます(iPhone/iPad、Android端末にも対応)。遠隔地を含む複数のカメラを1つの画面で同時にモニタリングできるため、物流倉庫や店舗、製造ラインへの不審者立ち入りや盗難の監視、倉庫内や商品、設備の監視、作業状況や安全の確認など、各フロアやエリアに足を運んで巡回する回数や負担を減らすことができます。



ライブ映像での通常監視だけではなく、録画映像を用いた有事の際の問題発見や作業改善のための映像資料としてもご利用頂けます。
また、異常検知機能を設定することで、異常があった際にアラートをメールにて知らせることができるため、万が一の際にもリアルタイムに把握し対応することができます。


ページトップへ