プレスリリース

2016年11月17日
株式会社シーネット

多種多様なアイテムを効率的に管理!アイティエスへのWMS導入事例を掲載 事例集「第14弾」配信開始

 株式会社シーネット(本社:千葉県船橋市、代表取締役CEO:小野崎伸彦、以下「シーネット」)は、首都圏を中心に高品質な配送業務を行う株式会社アイティエス(本社:東京都港区、代表取締役社長:髙橋秀和、以下「アイティエス」)へのWMS(倉庫管理システム)導入事例を載せた『ci.Himalayasシリーズ導入事例集』第14弾をWEBにて配信を開始しました。
 『ci.Himalayasシリーズ導入事例集』は、物流システムの導入を検討されている企業様や、情報収集を行っている方に向けて、倉庫内業務の課題点をシーネットのシステムでどう解決できたか、また、システム選定のポイントなど、有益な情報をご提供しています。

【概要】

 最新導入事例として、アイティエスへの在庫管理システム導入事例を掲載しています。雑貨・食品・建材・販促品・サンプルなど様々なアイテムを取り扱い、首都圏を中心に配送を行っています。
 以前は、荷主様の倉庫を間借りして商品を預かり、自社の配送車で配達するだけという簡単な運用で、在庫管理も紙のリストで行っていたおりましたが、荷主様からの要望に応えるため、WMSの導入でコスト削減や作業の正確性向上の実現を目指しました。
 WMSの導入によって、70坪という限られたスペースの中でもゾーン、ロケーション、順路などの項目を設定することが可能となり、商品の入れ替えにも柔軟に対応できるようになりました。また、運用開始から4~5回にわたって行ったレイアウトの組み替えも、システムのおかげで簡単に行うことができました。
さらにHTの活用により、これまで1週間程かかっていた教育時間が1日に短縮され、イベント終了後の多量の返品処理作業の効率も向上されています。
<詳しい導入経緯作業フロー、効果は事例集にて>

◇下記URLより事例集をダウンロード頂けます。 https://www.cross-docking.com/inquiry/download/

【ci.Himalayasシリーズ導入事例集14第弾】
『汎用性の高いWMSで多種多様なアイテムを効率的に管理』アイティエス(物流業)
『HTから音声システムに切替えで生産性30%UP・ミス大幅削減』大京食品(卸売業)
『アナログからデジタル化によるコスト削減と現場改善を実現』興伸(物流業)
『食の安全安心を追求する製造工場で、ミス発生のリスクを激減』MizkanSanmi(メーカー)
『業務変化に柔軟なWMSで、プログラム保守コストを50%にまで削減』通販物流サービス(物流業)

株式会社 シーネット
設立年月日
1992年1月
代表取締役CEO
小野崎 伸彦
本社所在地
千葉県船橋市本町4-41-19

ページトップへ

お問い合せ・資料請求

本記事に関するお問い合せ・資料請求はこちら

  • 資料請求・お問い合わせ
  • お電話でのお問い合わせ 047-422-1291
  • 担当:
  • 受付時間:月~金曜日(祝日・弊社休業日は除く) 9:00~17:30
  • Email:info@cross-docking.com

プレスリリースの内容は発表時のものです。最新の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)と異なる場合がありますのでご了承ください。あらかじめご了承ください。