プレスリリース

2014年5月26日
株式会社シーネット

コクヨサプライロジスティクスWMSリプレイス事例を掲載 導入事例集「第7弾」をWEBで配信

株式会社シーネット(本社:千葉県船橋市、代表取締役社長:小野崎伸彦、以下「シーネット」)は、コクヨグループのステーショナリー事業における物流業務を担うコクヨサプライロジスティクス株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:長谷川暢彦、以下「コクヨサプライロジスティクス」)への在庫管理システム導入事例を載せた『ci.Himalayasシリーズ導入事例集』第7弾をWEBにて配信を開始しました。
『ci.Himalayasシリーズ導入事例集』は、物流システムの導入を検討されている企業様や、情報収集を行っている方に向けて、倉庫内業務の課題点をシーネットのシステムでどう解決できたか、また、システム選定のポイントなど、有益な情報をご提供しています。

【概要】

最新導入事例として、在庫管理システムを導入頂いているコクヨサプライロジスティクスの事例を掲載しています。 コクヨサプライロジスティクスは文具や事務用品等のステーショナリーを取り扱っており、ダム倉庫の1つである大阪南港配送センターでは、日々平均1万1千ケースの出荷を行っています。
元々はシーネットのクライアントサーバ型(オンプレミス)のシステムを利用していましたが、クラサバであることの課題を解決するため、特にセンター側では現場作業の効率化を、本部側では複数拠点のデータ一元管理を目的とし、クラウドシステムへのリプレイスを行いました。
クラウドシステムへのリプレイス後、センター側では端末に限定されないロケーションフリーなシステムオペレーションが可能となるなど、作業時間は以前と比較して20%も削減できました。本部側でも全センターを一元管理でき、いつでもどこでもシステムにアクセスできるため、情報の確認や共有がスピーディに行えるようになりました。クラウド化により、センターと本部の両サイドで大きな効果が得られており、会社全体で効率を向上させることができました。 <詳しくは事例集にて>

◇下記URLより事例集をダウンロード頂けます。
https://www.cross-docking.com/inquiry/download/

【ci.Himalayasシリーズ導入事例集7第弾】

『クラウドシステムで作業時間20%削減とシステム一元管理を実現』 コクヨサプライロジスティクス(物流業)
『WMSで事務効率向上と3PLの強化を実現』 アサヒロジスティクス(物流業)
『ハンズフリーでピッキング効率向上、作業時間を30%削減』 和平フレイズ(メーカー)
『音声認識システムで出荷ミスゼロ、物流品質向上を実現』 五十嵐冷蔵(物流業)
『シームレスなシステム連携を実現』 アテナ(物流業)

株式会社 シーネット
設立年月日
1992年1月
代表取締役CEO
小野崎 伸彦
本社所在地
千葉県船橋市本町4-41-19

ページトップへ

お問い合せ・資料請求

本記事に関するお問い合せ・資料請求はこちら

  • 資料請求・お問い合わせ
  • お電話でのお問い合わせ 047-422-1291
  • 担当:
  • 受付時間:月~金曜日(祝日・弊社休業日は除く) 9:00~17:30
  • Email:info@cross-docking.com

プレスリリースの内容は発表時のものです。最新の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)と異なる場合がありますのでご了承ください。あらかじめご了承ください。