プレスリリース

2014年4月14日
株式会社シーネット

シーネットの音声認識システムがアテナの新東京物流センターで稼働を開始

株式会社シーネット(本社:千葉県船橋市、代表取締役社長:小野崎伸彦、以下「シーネット」)は、株式会社アテナ(本社:東京都江戸川区、代表取締役社長:渡辺 剛彦、以下「アテナ」)に物流向け音声認識システム「ci.Himalayas/voice」を導入しました。2014年3月より、販促資材を取り扱う荷主様のピッキング作業にて稼働を開始しており、今後他の荷主様の物流作業にも音声認識システムを展開していくことを計画されています。

  

音声認識システムによるピッキング作業風景
(左)ロケーションバーコードをスキャン、(右)両手で枚数を数えながらピッキング

【音声認識システム導入の目的】

今回導入した荷主様の業務では、以前は紙のリストを使用しておりましたが、取り扱う販促資材の特長として、名称や色・柄・サイズが類似した品が多く、バーコードが貼付されていないため、ピッキング作業においてミスを誘発する可能性の高い商品群でありました。また、1商品につき複数個のオーダーがあるため、紙のリストを持ちながらの作業に不便さを感じていました。そこで作業精度の向上と作業効率の向上を目的に、システム導入を検討しました。
ソリューションとして音声認識システムを選定した理由は、ハンズフリーで作業ができることにより、両手で一度に複数個の商品を取り扱えるようになる点や、リアルタイムのシステム照合に加え、声に出して実績登録を行うことで指さし確認と声出し確認ができ、作業ミス防止や作業現場の活性化ができるようになる点が大きな効果として期待できたため、音声認識システムを選定しました。

【シーネット選定の理由】

音声合成の技術が高く、アルファベットや数字の合成音声が聞き取りやすい点や、不特定話者対応で事前の声の登録が必要ないため、作業員の入れ替えや繁閑期の作業員増減にも素早く対応できる点が評価されました。
また、グループ会社であるアテナ上海にはシーネットの在庫管理システムを導入していますが、システムの内容やサポートに対して担当者や現場作業員からも高い評価を得ており、物流システム構築に信頼が持てるという点も評価されました。

【作業方法】

作業の効率化のため、一度に5出荷先を同時に作業できるマルチピッキングを行っています。
作業者は、音声によるロケーション指示を受け、ロケーションバーコードをスキャンします。スキャンに使用するスキャナは、手の甲に装着する小型のスキャナで、ハンズフリーを邪魔しないモデルを採用しています。ロケーション照合の後、商品名の確認とピック数量の指示が出され、作業者は「はい」や数量復唱によって実績を登録します。ハンズフリーによる作業効率向上と、リアルタイムのデータ照合、声出し確認による作業ミス防止が期待できます。

【物流向けの音声認識システムとは】

物流向けに開発された音声認識システムは、倉庫内のピッキングや検品作業の効率化を目的に最適化された専門のシステムです。作業者は腰に音声認識端末、耳にヘッドセットを装着し、ヘッドセットから聞こえてくる音声での移動の指示やピッキングの指示に沿って作業を行います。従来の紙のリストやハンディ端末での作業とは異なり、ハンズフリー・アイズフリーになるため、両手での作業が可能となり目線を作業に集中させることができ、作業の効率化や精度向上が実現します。

◇ 音声認識システムの詳しい情報は下記URLにてご覧ください
  ⇒ http://www.cross-docking.com/service/voice-system/

株式会社 シーネット
設立年月日
1992年1月
代表取締役CEO
小野崎 伸彦
本社所在地
千葉県船橋市本町4-41-19

ページトップへ

お問い合せ・資料請求

本記事に関するお問い合せ・資料請求はこちら

  • 資料請求・お問い合わせ
  • お電話でのお問い合わせ 047-422-1291
  • 担当:
  • 受付時間:月~金曜日(祝日・弊社休業日は除く) 9:00~17:30
  • Email:info@cross-docking.com

プレスリリースの内容は発表時のものです。最新の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)と異なる場合がありますのでご了承ください。あらかじめご了承ください。