プレスリリース

2014年2月24日
株式会社シーネット

大手食品3PLアサヒロジスティクスのWMS導入事例掲載 導入事例集「第6弾」を配信

株式会社シーネット(本社:千葉県船橋市、代表取締役社長:小野崎伸彦、以下「シーネット」)は、大手食品3PLのアサヒロジスティクス株式会社(本社:埼玉県比企郡、代表取締役社長:横塚元樹、以下「アサヒロジスティクス」)への在庫管理システム導入事例を載せた『ci.Himalayasシリーズ導入事例集』第6弾をWEBにて配信開始しました。

この導入事例集では、物流システムの導入を検討されている企業様や、情報収集を行っている方に向けて、倉庫内作業の課題点をシーネットのシステムでどう解決できたか、また、システム選定のポイントなど、有益な情報をご提供しています。
事例集は新着5件の事例で構成されており、ダウンロードできることによっていつでも簡単に閲覧することができます。事例集には、WEB未公開の最新事例も掲載されております。

【概要】

最新導入事例として、在庫管理システムを導入しているアサヒロジスティクスを掲載しています。アサヒロジスティクスは食品に特化したロジスティクス企業として日々10,000以上の店舗へ食品の供給を行っています。シーネットの在庫管理システムは9年前から導入しており、荷主の増加や拠点展開に合わせて長年にわたりシステムをご利用頂いています。

以前に導入していたシステムは拠点間のデータ連携やマテハンとの連携が取れず、また、荷主の増加や拠点展開の際にはその都度膨大な費用がかかるクラサバ型のシステムであり、事業拡大に適したシステムではありませんでした。また、事務作業では100社以上もある取引先へ在庫状況報告を毎日1時間以上かけてFAX送信するなど、非常に効率が悪かったため、庫内作業だけでなく、事務作業の効率化も実現できるシステムへのリプレイスを検討し、シーネットの在庫管理システムを導入しました。
シーネットのシステムはクラウド型であり、拠点間のデータ統一ができ、荷主の増加の際にも費用をかけず最短2週間という速さで運用を開始できます。またWEB在庫照会により取引先がそれぞれWEBから在庫状況を確認できるようになったことで、FAX送信作業が無くなり、月60時間以上もの事務作業時間の削減ができました。マテハンとの連携も柔軟にできるため、システム側を気にせずGASやハンディ仕分けシステムが導入でき、ミス防止や生産性向上が実現しました。<詳しくは事例集にて>

◇下記URLより事例集をダウンロード頂けます。
https://www.cross-docking.com/inquiry/download/

【ci.Himalayasシリーズ導入事例集5第弾】

『WMSで事務効率向上と3PLの強化を実現』アサヒロジスティクス株式会社(物流業)
『ハンズフリーでピッキング効率向上、作業時間を30%削減』和平フレイズ株式会社(メーカー)
『音声認識システムで出荷ミスゼロ、物流品質向上を実現』五十嵐冷蔵株式会社(物流業)
『シームレスなシステム連携を実現』株式会社アテナ(物流業)
『導入期間3か月で物流システムを構築』 株式会社三石(物流業)

株式会社 シーネット
設立年月日
1992年1月
代表取締役CEO
小野崎 伸彦
本社所在地
千葉県船橋市本町4-41-19

ページトップへ

お問い合せ・資料請求

本記事に関するお問い合せ・資料請求はこちら

  • 資料請求・お問い合わせ
  • お電話でのお問い合わせ 047-422-1291
  • 担当:
  • 受付時間:月~金曜日(祝日・弊社休業日は除く) 9:00~17:30
  • Email:info@cross-docking.com

プレスリリースの内容は発表時のものです。最新の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)と異なる場合がありますのでご了承ください。あらかじめご了承ください。