プレスリリース

2014年1月21日
株式会社シーネット

シーネットの音声認識システムがソフトバンクモバイルロジスティクスセンターのピッキング作業で稼働

株式会社シーネット(本社:千葉県船橋市、代表取締役社長:小野崎伸彦、以下「シーネット」)は、ソフトバンクモバイル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:孫正義、以下「ソフトバンクモバイル」)に物流向け音声認識システム「ci.Himalayas/voice」を導入し、2013年4月より稼働を開始したことを発表いたしました。
ソフトバンクモバイルが取り扱う移動機、アクセサリー、SIMカードなどのアイテムを対象に、ピッキング作業、補充作業に使用されています。

  

音声認識システムを使用したピッキング作業風景
(左)音声からロケーションと数量の指示を受け、商品をピックする
(右)ウェアラブルスキャナによる商品バーコードスキャンで、商品を照合する

【音声認識システム導入の目的】

ソフトバンクモバイルでは、各種スマートフォンをはじめとした多品種多量なアイテムの取り扱いに伴い、ロジスティクスセンターにおけるオペレーションの効率化が課題となっておりました。特に、作業効率化や精度向上、作業負荷軽減などが求められており、それらが実現できるシステムとして音声認識システムを採用されました。
システムベンダーとしては、音声認識システムだけでなく、物流システムの開発・販売の実績とノウハウが豊富であること、また、提案時の対応の速さや柔軟性にも評価を頂き、シーネットが選定されました。

【作業方法】

ピッキング作業では、店舗毎のダイレクトピッキング方式で、一度に6店舗以上の作業を同時に進めることができる仕組みとなっています。作業者は、音声によるロケーション番号やピッキング数量の指示に沿って作業を進めます。実績の登録はバーコードスキャンで行いますが、使用するスキャナは指に装着する小型のスキャナで、ハンズフリーを邪魔しないモデルを採用しています。
ロケーションへの商品補充作業では、補充リスト情報を基に作業を行い、補充した数量を声で登録します。リアルタイムに実績登録がされるため、事務所での入力作業を省くことができます。

【導入による効果】

ハンズフリーによる作業とバーコードスキャンによる情報照合、また、複数店舗同時のマルチピッキング方式での作業により、以前と比較して30%以上もの時間短縮ができ、かつ作業精度向上や作業負荷軽減も実現することができました。

【物流向けの音声認識システムとは】

物流向けに開発された音声認識システムは、倉庫内のピッキングや検品作業の効率化を目的に最適化された専門のシステムです。作業者は腰に音声認識端末、耳にヘッドセットを装着し、ヘッドセットから聞こえてくる音声での移動の指示やピッキングの指示に沿って作業を行います。従来の紙のリストやハンディ端末での作業とは異なり、ハンズフリー・アイズフリーになるため、両手での作業が可能となり目線を作業に集中させることができ、作業の効率化や精度向上が実現します。

◇ 音声認識システムの詳しい情報は下記URLにてご覧ください
http://www.cross-docking.com/service/voice-system/

株式会社 シーネット
設立年月日
1992年1月
代表取締役CEO
小野崎 伸彦
本社所在地
千葉県船橋市本町4-41-19

ページトップへ

お問い合せ・資料請求

本記事に関するお問い合せ・資料請求はこちら

  • 資料請求・お問い合わせ
  • お電話でのお問い合わせ 047-422-1291
  • 担当:
  • 受付時間:月~金曜日(祝日・弊社休業日は除く) 9:00~17:30
  • Email:info@cross-docking.com

プレスリリースの内容は発表時のものです。最新の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)と異なる場合がありますのでご了承ください。あらかじめご了承ください。