プレスリリース

2013年10月9日
株式会社シーネット

海外物流現場専用のハンディソリューションをリリース

株式会社シーネット(本社:千葉県船橋市、代表取締役社長:小野崎伸彦)は、海外物流現場向けのハンディソリューション「ci.Himalayas/HALO (Handy Assistance Logistics Optimizer)」をリリースしました。

日本の物流ノウハウを活かした機能を搭載し、入出庫、棚卸、ピッキング等の各種機能を備えているBasic版と仕分機能に特化したAdvanced版の2バージョンをリリースし、現場の作業内容に合わせたハンディソリューションをご提供します。

【市場背景】

製造業や小売業などの日系企業の海外進出が続き、それに伴って物流拠点の海外展開も進んでいます。海外における物流のIT化はまだまだ進行段階であり、現地企業の物流ノウハウも蓄積段階にあります。しかし日系企業の多くは、海外においても日本の高い物流品質を期待しており、日本と同様の作業精度や作業品質を求めています。
その中で、物流現場においては、作業ミスをなくし作業品質を向上させるために、ハンディターミナルを利用したシステム管理のニーズが高まっています。シーネットでは、2010年より海外物流に対応した多言語版の在庫管理システム「ci.Himalayas/asia」をリリースしておりますが、海外物流における現場のニーズを受け、現場作業の品質向上のためのハンディソリューションの販売を開始しました。これにより、海外においても日本と同様の物流品質を実現させることが可能となります。

【ci.Himalayas/HALOの特徴】

ci.Himalayas/HALOは多言語に対応しており、中国語、英語、日本語での表示が可能です。導入する現場ごとに言語が選択できるため、世界中のどの現場でも同じハンディソリューションを利用することができます。また、既に運用している在庫管理システム等との連動ができるため、ハンディソリューションの導入のみで運用を開始できます。倉庫内ではリアルタイムのデータ通信により作業進捗が確認でき、人員の適正配置や作業分析が可能です。
立上げや導入後の保守・サポートは、中国北京に設置しているアジアサポートセンターが現地にて対応します。また、シンクライアント型のサービスであり、プログラムのメンテナンスはアジアサポートセンターからリモートで行えるため、サポートにかかる時間と費用が削減できます。瞬電対策も万全であり、作業中に瞬電しても、作業途中のデータは保持されるため、安心して利用頂くことができます。

メニュー画面イメージ(日本語・中国語・英語)

【ci.Himalayas/HALOの2つのバージョン】

1) Basic版
倉庫内の入出庫検品やピッキング、棚卸などの機能を搭載したハンディソリューションです。サーバとの無線通信を高速で行い、作業状況もリアルタイムに把握することができます。運用方式についてはクラウド型と現場にサーバを置くC/S型の選択が可能です。

2) Advanced版
流通業の店舗仕分けに最適化されたC/S型のハンディソリューションです。データ処理能力に優れ、多品種・多店舗の仕分けをよりスピーディに行うことができます。店舗仕分けや仕分けラベル発行、個口合算などの機能が搭載されています。

詳細はこちらから
http://www.cross-docking.com/service/asia-handy-solution/

【販売見込み】

Basic版は2013年12月下旬に販売を予定しており、Advanced版は2013年9月上旬より販売を開始しました。Basic版はソフトウェア月額使用料1台あたり1,500円、Advanced版は1ライセンスあたり350万円~であり、2014年末までにBasic版40拠点、Advanced版20拠点への導入を見込んでいます。

株式会社 シーネット
設立年月日
1992年1月
代表取締役CEO
小野崎 伸彦
本社所在地
千葉県船橋市本町4-41-19

ページトップへ

お問い合せ・資料請求

本記事に関するお問い合せ・資料請求はこちら

  • 資料請求・お問い合わせ
  • お電話でのお問い合わせ 047-422-1291
  • 担当:
  • 受付時間:月~金曜日(祝日・弊社休業日は除く) 9:00~17:30
  • Email:info@cross-docking.com

プレスリリースの内容は発表時のものです。最新の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)と異なる場合がありますのでご了承ください。あらかじめご了承ください。