プレスリリース

2012年11月8日
株式会社シーネット

95%が「良かった」と評価したセミナーのアンケート結果を公開

株式会社シーネット(本社:千葉県船橋市、代表取締役社長:小野崎伸彦)は、2012年9月13日(木)に開催したセミナー 『日本アクセス 情報システム部門の取り組みと物流システム』にて実施したアンケート結果を、ホームページにて公開しました。

このセミナーでは、株式会社日本アクセスの八十島幹夫氏を基調講演に招き、日本アクセス情報システム部門の取り組みと、食品卸売企業としての鮮度管理、環境問題などの物流事業への取り組みをお話頂きました。また、製品紹介では、シーネットの在庫管理システムと音声認識システムに関してデモを交えながら紹介を行いました。

アンケートの結果、参加者の95%が「大変よかった」「良かった」とセミナーを評価しました。
在庫管理システムに関しては、参加企業の56%がシステム導入をしているが、鮮度管理やロケーション管理などに問題をかかえており、リプレイスや他システムの情報収集をしていることがわかりました。
音声認識システムに関しては、注目度が高く、導入を検討している企業や情報収集を行っているという企業が多くみられました。現在の庫内作業では、ハンディターミナルや紙のリストを使用している企業がそれぞれ45%、36%と高いですが、生産性や人件費などを問題としていることがわかりました。

■セミナー概要

催事名 日本アクセス 情報システム部門の取り組みと物流システム
開催日 2012年9月13日(木)
参加者 47名
アンケート結果詳細 http://www.cross-docking.com/seminar_report/8569/

株式会社 シーネット
設立年月日
1992年1月
代表取締役CEO
小野崎 伸彦
本社所在地
千葉県船橋市本町4-41-19

ページトップへ

お問い合せ・資料請求

本記事に関するお問い合せ・資料請求はこちら

  • 資料請求・お問い合わせ
  • お電話でのお問い合わせ 047-422-1291
  • 担当:営業企画グループ 菱田
  • 受付時間:月~金曜日(祝日・弊社休業日は除く) 9:00~17:30
  • Email:info@cross-docking.com

プレスリリースの内容は発表時のものです。最新の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)と異なる場合がありますのでご了承ください。あらかじめご了承ください。