プレスリリース

2011年8月23日
株式会社シーネット

新ピッキングソリューション 『ボイデジ』の発表

株式会社シーネット(本社:千葉県船橋市、代表取締役社長:小野崎伸彦)は、ピッキング業務の新ソリューション、「ボイデジ」を発表した。「ボイデジ」は、従来から生産性の高いピッキングソリューションとして注目されていた、シーネット社の音声認識システムと株式会社アイオイ・システムのデジタルピッキングシステム(DPS)を組み合わせたもので、互いの短所を補い、長所のみを活かす革命的なソリューションである。

【ボイデジの特徴】

音声認識システムは、音声の指示で、ダイレクトにロケーションへ移動することが可能な半面、隣り合うロケーションがヒットした場合には指示を聞く無駄があった。一方、DPSはライトの点滅でヒットした商品が一目でわかる半面、動線が長い場合には点滅を探す無駄があった。
そこで「ボイデジ」では、アイテム数は多いが出荷頻度の低いBCランク商品は、音声認識システムで作業し、アイテム数は少ないが出荷頻度の高いAランク商品は、DPSで作業を行う。これにより、ABC分析に沿った商品分類でのピッキング作業を、より効率良く行うことを可能にした。
さらに費用面でも、BCランク品に音声認識システムを使用することにより、DPS表示機はAランク商品部分のみとなり、初期導入費用を抑えることができる。また、音声認識システムとDPSを合わせた進捗管理が可能であり、PCによるモニタリングで業務進度をリアルタイムに把握できるようになった。

【導入事例】

この「ボイデジ」は、ドライ系・低温系食品を主体とした某大手総合物流企業の2センターで導入されており、導入して約1年、誤出荷率0/1,000,000を維持、作業時間約1/2短縮という効果を発揮している。
※詳しい導入事例はhttp://www.voicesystem.jp/case-ab.html

【ピッキング作業の流れ】

BCランク商品を音声認識システムでピッキング後、Aランク商品をDPSでピッキングを行う。

ピッキングソリューション 『ボイデジ』

【販売開始時期】

2011年7月

【受注見込み】

年間20セット2億円前後の販売

【価格】

800品目に対応するシステムの場合で約1千万円

株式会社 シーネット
設立年月日
1992年1月
代表取締役CEO
小野崎 伸彦
本社所在地
千葉県船橋市本町4-41-19

ページトップへ

お問い合せ・資料請求

本記事に関するお問い合せ・資料請求はこちら

  • 資料請求・お問い合わせ
  • お電話でのお問い合わせ 047-422-1291
  • 担当:
  • 受付時間:月~金曜日(祝日・弊社休業日は除く) 9:00~17:30
  • Email:info@cross-docking.com

プレスリリースの内容は発表時のものです。最新の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)と異なる場合がありますのでご了承ください。あらかじめご了承ください。