プレスリリース

2008年8月8日
株式会社シーネット

シーネットとトーヨーカネツソリューションズが、音声認識システム販売で提携

株式会社シーネット(本社:千葉県船橋市 代表取締役:小野崎伸彦 以下C_Net)とトーヨーカネツソリューションズ株式会社(本社:東京都江東区 代表取締役社長:柳川徹以下TKSL)は、音声認識システム 『サイボグ501』 の製造・物流業分野への販売で、業務提携いたしました。

音声認識システムとは、倉庫内作業での荷役、保管、仕分、加工、棚卸作業において、その作業指示を音声で聞き、作業結果を声で返すことができる、最先端技術を活用したシステムです。かつては認識率の悪さから、作業現場で敬遠されていましたが、近年、IT 技術の進歩による認識率向上で、世界的にその採用が増加。特に北米では200社以上で採用されており、日本でも採用企業の増加が見込まれています。

豊富な物流システム構築実績を持つTKSLは、特にIT化が遅れている冷凍倉庫などの倉庫現場に着目。音声認識システムの普及に向け、C_Netが持つ独自のノウハウ・技術の提供を受けます。同システムにはC_Netが米ジェネスタ社の製品を日本語化した音声認識システム『サイボグ501』を使用。TKSLは、これを作業管理システムに組み込むことで、独自の付加価値を付けて販売いたします。

─ 音声認識システムの特長

  • ハンズフリー(Hands-Free)手がふさがらない
  • アイズフリー(Eyes-Free)視点を集中できる
  • 作業の効率化を実現
  • 操作教育が簡単である
  • 冷凍環境での作業性が向上

─ 今後の見通し

3年間で30システムの販売を目指します。

─ 摘要事例

  • 物流センター庫内作業
  • 工場生産ラインでの作業
  • 製造現場での計量作業(清涼飲料など)
  • 積込み確認作業
  • 棚卸作業

─ 会社紹介

トーヨーカネツソリューションズ株式会社(TKSL)
トーヨーカネツソリューションズ株式会社は、平成14年10月1日にトーヨーカネツ株式会社(東京証券取引所第1部上場、資本金185億円)の物流システム事業部門が分社し誕生いたしました。物流システムの企画、設計、製作、施工、及び販売を主営業とし、またSCMやWMSを核に「生産者・メーカー」から「物流センター」を経由して「店舗・消費者」までのサプライチェーン全体の物流を最適化するロジスティクスシステムを提案するソリューションプロバイダーです。当社詳細は、http://www.tksl.co.jpをご覧ください。
連絡先
TEL:047-422-1291 URL:http://www.tksl.co.jp
担当:マーケティンググループ 久保寺 徹
株式会社 シーネット
設立年月日
1992年1月
代表取締役CEO
小野崎 伸彦
本社所在地
千葉県船橋市本町4-41-19

ページトップへ

お問い合せ・資料請求

本記事に関するお問い合せ・資料請求はこちら

  • 資料請求・お問い合わせ
  • お電話でのお問い合わせ 047-422-1291
  • 担当:三尾
  • 受付時間:月~金曜日(祝日・弊社休業日は除く) 9:00~17:30
  • Email:info@cross-docking.com

プレスリリースの内容は発表時のものです。最新の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)と異なる場合がありますのでご了承ください。あらかじめご了承ください。