プレスリリース

2008年8月1日
株式会社シーネット

Gen2対応のUHF帯大容量レジットタグ日本上陸

2006年7月31日(月)Intermec社製UHF帯タグがついに日本に上陸した。UHF帯タグは、EPC Global Class1 Gen2対応の大容量レジットタグで、株式会社シーネットが導入を検討する企業に対して、期間、数量限定で無料貸し出しを行う。

Intermec社は、NHKでも放映された通り、米国№1のRFIDタグのメーカーで、長年に渡り培ってきた技術力は他に類を見ない。しかし、今まで日本の電波法に合わせた製品を製造していなかった事から国内のリーダ・ライタで読み書き可能かの実証実験を行いたい企業が多い。
そこでIntermec社の日本正規代理店であるシーネット社が所持しているレジットタグの無料貸し出しを行います。

貸し出し方法は、シーネット社HPのお問合せページのお問合せ内容欄へ『タグの貸し出し希望』と入力して頂ければ、後日シーネット社より御貸出希望記入表が送付されますので、必要事項をご記入の上返信を行うと、御貸出希望記入表の住所宛にシーネット社よりタグを郵送致します。貸し出し用タグには枚数に限りが有るため、貸し出しが多く在庫が無い場合はお待ち頂く場合が御座います。

UHF帯大容量レジットタグの詳細はこちらからダウンロードできます(PDF形式)

大容量レジットタグ仕様

  • 対応周波数帯の幅は、全世界で使用可能な860MHz~960MHzと広範囲な周波数帯をカバーし、グローバル物流に最適な仕様となっている。
  • タグは取り付け場所を選ばず、木、プラスチック、金属等、様々な素材に取り付け可能
  • 対応環境は、-40℃~+121℃
  • 過酷な生産、製造環境(機械オイルやアルコール類化学品を使用する現場等)にも対応可能

EPC Global Class1 Gen2対応で96Bitメモリーを搭載し、どの周波数帯でも30フィート(約9m)の読み取り距離に対応するタイプと、ISO18000-6B対応で 2024Bitメモリーを搭載し10~15フィート(約3~4.5m)の読取り距離に対応するタイプの2種類を販売する。

 EPC Global Class1 Gen2 (96Bitメモリー搭載)

 周波数帯毎の電波範囲は下記グラフのように、どの周波数帯でも30フィート(約9メートル)程度

─ Intermec Technologies 会社概要

本社
米国シアトル($85億/2005年の売上実績)
親会社
UNOVA(米国上場企業)
ビジネス展開
FID、WAN/LAN/PANネットワーク製品、モバイル製品、スキャナ製品、プリンター、メディア製品、ソフトウェア製品、システム開発など
導入箇所数
全世界20,000サイト以上(倉庫/工場を中心)
導入端末数
500,000台以上の端末を導入
株式会社 シーネット
設立年月日
1992年1月
代表取締役CEO
小野崎 伸彦
本社所在地
千葉県船橋市本町4-41-19

ページトップへ

お問い合せ・資料請求

本記事に関するお問い合せ・資料請求はこちら

  • 資料請求・お問い合わせ
  • お電話でのお問い合わせ 047-422-1291
  • 担当:営業部 音声&自動認識担当 菅原 共生
  • 受付時間:月~金曜日(祝日・弊社休業日は除く) 9:00~17:30
  • Email:info@cross-docking.com

プレスリリースの内容は発表時のものです。最新の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)と異なる場合がありますのでご了承ください。あらかじめご了承ください。