メールマガジンバックナンバー

2014年12月22日 送信
株式会社シーネット

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 シーネットNews             http://www.cross-docking.com/

                            2014.12.22配信

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

当メールは、弊社社員と名刺交換をさせて頂いた皆様、

およびシーネットにお問合せをいただいた皆様に配信しております。

----------------------------------------------------------------------

 

いつもお世話になっております。

株式会社シーネットの菱田あきこです。

 

2014年も残り僅か、もうすぐ2015年ですね。

今号では2015年新春特別セミナーのご案内を

させて頂きます。

 

新しい年の物流強化にお役立て頂けるような

内容になっておりますので、みなさま是非

お申込みの上、ご参加ください。

お待ちしております。

 

───────────────────────────────────

<< 今号のメニュー >>

[1]2015年新春特別セミナー開催決定!1月21日(水)in溜池山王

   『事例から見る、音声認識システム導入の価値とポイント』

 

[2]通販物流サービス様のEC事例掲載!事例集「第10弾」好評配信中

   業務変化に柔軟なWMSで、プログラム保守コストを50%にまで削減

 

[番外編]人気の千葉県内陸部!貸し倉庫 テナント募集情報

───────────────────────────────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[1]2015年新春特別セミナー開催決定!1月21日(水)in溜池山王

   『事例から見る、音声認識システム導入の価値とポイント』

───────────────────────────────────

 

2015年新春特別セミナーの開催が決定しましたので、ご案内いたします。

 

昨今の物流には、コストダウンはもとより生産性向上や品質向上、

サービスレベル向上、従業員のモチベーションアップなどへの要求が

高まっており、いかに効率的に取組み、効果を出すかが企業の成長、

競争力を高める重要なポイントとなっています。

 

このセミナーでは、それらのポイントを満たす戦術のひとつとして、

音声認識システムによる物流業務改善をご提案いたします。

 

ピッキング(種まき・摘み取り)や検品(入荷・出荷)などの作業に

音声認識システムを導入する価値とポイントを、利用ユーザ様の事例と

現場の声、そして実機を使用したデモンストレーションにて検証して

いきます。

 

音声認識システムをご存知ない方も、新しい物流戦術をご検討中の方も、

今後に向けて情報収集中の方も、物流の見直しや強化に取り組む企業様

であれば是非ご参加いただきたいと思います。

 

お気軽にお申し込みください!お待ちしております。

 

 

◇新春特別企画 2015年の物流戦術はこれだ!

     事例から見る、音声認識システム導入の価値とポイント◇

 

日時 :2015年1月21日(水)14:00~17:00

会場 :トスラブ山王健保会館 (溜池山王駅徒歩3分)

定員 :30名

参加費:無料

申込み:http://www.cross-docking.com/events/20150121/

 

+‥プログラム‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

<製品紹介>

 『物流向け音声認識システムのご紹介』

  株式会社シーネット 営業本部 第二営業開発部 古閑 啓悟

 

<事例紹介>

 『3PL企業、メーカー企業から見る物流改善事例』

  株式会社シーネット 営業本部 第三営業部 高橋 康介

 

<動画紹介・デモンストレーション>

 『見て実感!音声認識システムによる作業方法のご紹介』

 

プログラムの詳細は下記URLよりご確認ください。

 ⇒ http://www.cross-docking.com/events/20150121/

 

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

 

物流現場の業務改善にお役立て頂ける情報をご提供いたします。

みなさまのご参加をお待ちしております。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[2]通販物流サービス様のEC事例掲載!事例集「第10弾」好評配信中

   業務変化に柔軟なWMSで、プログラム保守コストを50%にまで削減

───────────────────────────────────

 

大好評のシーネットシステム導入事例集「第10弾」の最新事例は、

ニッセングループの物流部門を担う通販物流サービス様への在庫管理

システム導入事例をご紹介しています。

 

コストの見直しやサービス、品質の高度化が求められる中で、

物流システムにも柔軟性・対応力を求めてリプレイスを行いました。

 

通販物流サービス様の最新事例をお見逃しなく!

◇事例集はWEBからダウンロードできます。

 ⇒ https://www.cross-docking.com/inquiry/download/

 

┌───────── WEB未公開事例のご紹介 ──────────┐

 

 株式会社通販物流サービス様

 『業務変化に柔軟なWMSで、プログラム保守コストを50%にまで削減』

 

 事業内容:倉庫業、物流業(ニッセングループ)

 

 以前は10年前に導入したシステムを、バージョンアップを繰り返しな

 がら利用を続けていました。しかし10年前のシステムを現在の運用に

 適合させることは難しく、少しのプログラム改修にも予想外のコスト

 と時間が必要となっていました。

 物流コストの見直しとサービスや品質の高度化が強く求められる中で、

 業務変化に柔軟に対応できるシステムの構築を目指し、システムを

 刷新しました。

 シーネットシステムを導入後は、プログラム改修費用50%削減、複数

 拠点・複数荷主への標準対応、一体伝票による作業時間・作業人員削

 減といった効果が現れました。

              <詳しい導入経緯や効果は事例集にて>

└────────────────────────────────┘

 

<第10弾の内容>

・通販物流サービス

 『業務変化に柔軟なWMSで、プログラム保守コストを50%にまで削減』

・ファミリーマート

 『各国に合わせた柔軟なシステム構築で海外物流体制を強化』

・鴻池運輸

 『ハンズフリーでピッキング効率向上と商品破損のリスクを低減』

・コクヨサプライロジスティクス

 『クラウドシステムで作業時間20%削減とシステム一元管理を実現』

・アサヒロジスティクス『WMSで事務効率向上と3PLの強化を実現』

 

◇最新事例はWEBからダウンロード頂けます!

 ⇒ https://www.cross-docking.com/inquiry/download/

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[番外編]人気の千葉県内陸部!貸し倉庫 テナント募集情報

───────────────────────────────────

 

千葉県佐倉市で貸し倉庫案内がありますので、ご紹介させて頂きます。

 

倉庫の立地、最近では特に千葉県の内陸部が人気があるそうです。

賃料が割安であることはもちろん、道路開通によって交通の便が良く

なったという点が物流にとって重要なポイントですね。

 

今回ご紹介する倉庫は2015年11月竣功予定の『レッドウッド佐倉』です。

5階建て、延べ床面積9万平方メートルの大型施設となっています。

 

東関道佐倉ICから車で5分、都心まで約50分、成田空港まで約20分という

好立地で、首都圏全域への配送センターや、航空貨物の保管・配送施設

としても利用できます。

また、賃料が割安ですので長期保管・貯蔵品の倉庫としても適しています。

 

倉庫をお探しの方は是非ご検討頂ければと思います。

詳細や賃料、契約期間に関してはお気軽にお問合せください。

◇お問合せはこちらから ⇒ Mail : info@cross-docking.com

 

 

 

*-------*-------*-------*-------*-------*-------*

<< 編集後記 >>

2014年も残り僅か、もうすぐ2015年になりますね。

 

最近、バック・トゥ・ザ・フューチャーを観ました。

PART2は未来にタイムスリップする話ですが、その未来が

2015年なんですね!

車が空を走行していたり、スケートボードが宙を浮いて

いたり(ホバーボード!)、指紋認証やボイス操作で物が

動いたりしていました。

この映画が撮影されたのが30年前の1985年だそうですが

その頃の未来図が遠からず実現されているんだなあ、と

面白く感じました。

 

Your future hasn't been written yet. No one's has.

Your future is whatever you make it.

「人間の未来はまだ白紙だ、未来は自分で作るのだ。」

 

PART3のドクの最後のセリフ、心に残りました。

ページトップへ

メールマガジンのお申し込み

メールマガジンのお申し込み・お問い合わせはこちら

  • お電話でのお問い合わせ 047-422-1291 
    受付時間:月~金曜日(祝日・弊社休業日は除く) 9:00~17:30