メールマガジンバックナンバー

2011年5月17日 送信
株式会社シーネット

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     倉庫・物流現場に、音声認識で作業効率向上を実現!
         ~ ハンズフリー&アイズフリーによる 作業スピードと作業精度の向上 ~
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
さて今回は、音声認識システムの「導入メリット」と「導入前課題と導入後効果」についてご紹介をいたします。
音声認識システム『 ci.Himalayas/voice 』は、作業指示を『 耳 』で聞き作業実績を 『 声 』で入力することで、
Hands Freeを実現する最先端ツールです。
音声の指示に従いHands Free(両手)で物流作業が出来る仕組みで、作業効率の向上と誤出荷削減に大幅な改善が
できた、というユーザ様からのお声を多数頂いています。
また、新製品『ci.Himalayas/voice/ex』では新たに機能が追加されています。
合わせてご覧ください。
┌──────────────────────────────────────────────────────
│ ≪ ci.Himalayas/voiceの導入メリット ≫
├──────────────────────────────────────────────────────
│  ◆ 現場作業の効率化
│   * 声による実績入力で効率アップ
│   * 声による作業指示で効率アップ
│   * Hands Free & Eyes Freeで効率アップ
│   * リアルタイムなデータ収集で効率アップ
│
│  ◆ 誤出荷の削減
│   * 音声とバーコードの組み合わせにより、誤出荷を削減強化
│
│  ◆ 人件費の削減
│   * 現場の作業効率が向上し人件費削減が実現
│
│  ◆ 作業進捗の見える化
│   * 現場における業務進度が画面上でリアルタイムにわかり、効率的な人材配置が可能
│
└──────────────────────────── http://www.voicesystem.jp/?page_id=42
┌──────────────────────────────────────────────────────
│ ≪ ci.Himalayas/voiceの導入前課題と導入後効果 ≫
├──────────────────────────────────────────────────────
│  ◆ 導入事例 1
│    ≪導入前課題≫
│      * 目視による入荷検品、出荷検品作業   
│      * 商品管理番号が7桁もあるため、納品書や明細書との照合作業が煩雑で作業ミス
│        を誘発しやすかった
│      * 多品種のため、特に入荷検品の際にリストから商品を探すのにカルタとりのように
│        手間と時間がかかり、煩わしさを感じていた
│
│   導入後効果 ⇒ http://www.voicesystem.jp/?page_id=400
│
│  ◆ 導入事例 2
│    ≪導入前課題≫
│      * リストによるピッキング作業が煩わしい   
│      * 重い商品や大きな商品の際、リストを持っている煩わしさを感じていた
│      * ピッキングリストの紛失、ピッキング漏れなどの作業ミスがあった
│      * 冷凍倉庫という過酷な環境下で、作業者に負担がかかっていた
│       
│   導入後効果 ⇒ http://www.voicesystem.jp/?page_id=409
│
└──────────────────────────────────────────────────────
┌──────────────────────────────────────────────────────
│ ≪ 【新製品】ci.Himalayas/voice/exの特徴 ≫
├──────────────────────────────────────────────────────
│  ◆ Point1 声による商品名の入力
│    : 製品の中にはバーコード印字ができず、ハンディターミナルによるバーコードスキャン
│      ができないという問題に対し、ci.Himalayas/voice/exなら声による商品名の入力が
│      可能
│
│  ◆ Point2 複雑な数字の入力が可能
│    : 長い桁数や複雑な数量でも対応可能
│      例) 2ケース15バラ(にケース じゅうごバラ)
│
│  ◆ Point3 日本製の音声認識エンジン
│    : 日本で開発されたエンジンなため、日本人に使いやすいシステムであり、商品名入力
│      や高い認識率が可能
│
└─────────────────────────── http://www.voicesystem.jp/?page_id=588

------------------------------------------------------------------------------------------------------------
◆ デモンストレーション及び商品紹介用のショールームをご用意しております。
      ご希望の方は、下記までご連絡くださいませ。
     問合せ先:047-422-1291 / info@cross-docking.com (担当:営業企画グループ) 
------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ページトップへ

メールマガジンのお申し込み

メールマガジンのお申し込み・お問い合わせはこちら

  • お電話でのお問い合わせ 047-422-1291 
    受付時間:月~金曜日(祝日・弊社休業日は除く) 9:00~17:30