セミナー案内

画像認識技術の今後の可能性 ―多様化する監視カメラの活用方法― セミナーのご案内

【概要】

2020年の東京オリンピック開催に向けてセキュリティ強化への関心が高まり、監視カメラ市場はアナログカメラから、高画質で遠隔監視も可能なネットワークカメラへと急速に推移しています。また、画像認識技術の進化に伴い、監視カメラの用途は多目的化しマーケティングやサービス支援など幅広い分野への活用が期待されています。

第一部では、遠隔地の作業・設備確認に有効な「エンカメ」をはじめとする監視カメラソリューションを一挙大公開します。セキュリティ・マーケティング・サービス支援など様々な分野への活用例など、監視カメラの今後の可能性に迫ります。また、セキュリティ分野に関連した新製品IPインターホンもご紹介いたします。

また、第二部では【新製品】音声種まき仕分けシステム 「VAS(Voice Assort System)」をご紹介します。生鮮・青果・日配品を扱うTC倉庫を中心とした音声種まき仕分システムの音声会話フローをパッケージングしクラウド版にてリリースしました。種まき仕分け作業の効率化及び正確性向上を実現するシステムです。

> イベント詳細

日時 [終了しました]
2016年12月8日 10:00~11:50
場所 「トスラブ山王健保会館 会議室B」  地図
住 所 : 東京都港区赤坂2-5-6
電 話 : 03-5570-1803(代)

【アクセス】
溜池山王駅徒歩3分
受付開始 9:45~
定員 30名

> プログラム

9:45 (受付開始)
10:05~10:50

第一部

監視から多目的へ移行する画像認識技術の活用方法
株式会社シーネット コネクト サービス
高瀬 晋吾

監視カメラの用途は今や防犯目的のみではありません。シーネットコネクトサービスでも、「エンカメ」「入退室管理システム」「車番認証」「顔認証」「人数カウント」「ヒートマップ」「作業映像一発検索システム」など監視カメラやIPインターホンを活用した様々なソリューションを提供しています。

また、各ソリューション別にみても適応分野は多岐に渡ります。例えば、「顔認証」一つをとっても、「VIP顧客の検知」などのサービス分野への活用や、「来場者の性別・年齢測定」といったマーケティングへの活用、さらには従業員の顔情報を登録して入退室管理等のセキュリティ分野へ活用するなど様々な用途で利用可能です。

豊富なラインナップを取り揃える監視カメラソリューション全ての特長・活用方法を本セクションにて大公開します。

11:00~11:30

第二部

【新製品】音声種まき仕分システム「VAS(Voice Assort System)」
株式会社シーネット コネクト サービス
逸見 勇太

アイズフリー・ハンズフリー等の音声認識システム活用における効果はもちろん、効率の良い会話フローやバーコードによるシステムチェックなど、種まき仕分作業の効率化と正確性向上に最適なノウハウが凝縮された新製品「VAS」。

本セクションでは、その特長や導入効果、クラウド化によるメリット等をご紹介します。「VAS」の導入により現場の作業はどう変わるのか。種まき仕分の効率化でお悩みの企業様、音声認識システムをご検討中の企業様必見の内容です。

11:30~

~セミナー終了後~

個別相談会・デモンストレーション

セミナーで感じたご不明点やご質問など、詳しくお答えいたします。
製品を実際に動かすデモンストレーションもぜひご覧ください。

ページトップへ

メールマガジンにて、セミナー開催のご案内をしております

メールマガジンのご登録はこちら

  • メルマガ登録
  • お電話でのお問い合わせ 047-422-1291
  • 担当:営業企画グループ
  • 受付時間:月~金曜日(祝日・弊社休業日は除く) 9:00~17:30
  • Email:info@cross-docking.com