出荷ミスを撲滅したWMS :山梨貨物自動車株式会社

利用サービス


会社概要
社名
山梨貨物自動車株式会社
本社所在地
〒409-3845 山梨県中央市山之神流通団地3211-11
創立年月日
昭和38年12月20日
資本金
3,020万円
従業員数
250人


お客様のニーズ

─ 導入実績の豊富さからくる信頼感は絶大であった

地元山梨に本社を構える食品メーカーが抱える物流課題は賞味期限の機械的な管理と出荷ミスの撲滅でありました。卸、小売の物流機能が高度化しているので、食品メーカーとして物流付加価値サービスを提供することが取引上重要となってきています。
こうした背景の中、物流に強いシステム会社2社からWMSの提案をもらいました。コスト面ではシーネット社は高いものでありましたが、導入実績の豊富さからくる信頼感は絶大であったためにシーネット社のヒマラヤを選択しました。

当時、荷主サイドでは現場の改善業務が盛んに行われていましたので、業務改善要望に対する柔軟なカスタマイズ対応の可否もポイントの1つでした。

導入効果

課題であった出荷ミスに関してはほぼゼロに近い運用を実現

課題であった出荷ミスに関してはほぼゼロに近い運用を実現できました。その理由は以下の通りです。

  • ・バーコードを利用するので機械が自動的にミスを判断する。
  • ・賞味期限は機械が指定するので、現場で判断する必要がなくなった。
  • ・在庫を無線PDAを通して現場で照会できるので、毎日在庫チェックを行う環境ができ、在庫精度向上につながり出荷作業がスムーズとなった。

作業ミスの減少

もうひとつの課題である賞味期限管理は、入庫時に現物の日付を大画面で見やすいPDA画面から入力できるのでリアルタイムに賞味期限付きの商品在庫を入り口でまず管理できます。1日の終了後に荷主より賞味期限の入庫実績リストがFAXされてくるので二重チェックで精度を保ちます。出荷時は先入先出のルールに基づいてヒマラヤサーバーが自動で指定しますので、作業指示時にミスは発生しません。作業時も指定されたロケーションでバーコードチェックをかけているのでミスを現場作業でも防ぐしくみとなっています。

手間のかからない効率性

現場で何か在庫情報を知りたいとき、無線PDAの在庫照会機能のお陰で、事務所に戻って確認する作業をする必要がないので、手間のかからない効率性も精度が高い要因のひとつではないかと考えています。

将来の展望

─ 荷主に対してシステム導入を積極的に提案していければ

1年の中での時期や1週間の中での日によって作業量にバラツキがある中で、多忙な日は出荷の締め時間まで逼迫することもありますが、システムが安定的に稼動しているのでトラブルなく日々運用できています。物流業務受託以来3年が経過しようとしていますが、その間荷主との信頼関係が築け、全ての拠点に山梨貨物自動車社の出荷業務を担当する社員を派遣するまでになりました。複数の拠点にも同一のしくみにて高い在庫・出荷精度を実現できるはずなので、荷主に対してシステム導入を積極的に提案していければと考えています。

またヒマラヤは現荷主対応のみならず他荷主でも同一の機能を提供することが可能であるので、他荷主も管理レベルの高い運用を提供できていくはずです。



  関連製品・サービス

       「運輸・倉庫業に適したWMS」
        スタンダード版 在庫管理システム「ci.Himalayas/wms」

ページトップへ

お問い合せ・資料請求

山梨貨物自動車株式会社の導入事例についてのお問い合せ・資料請求はこちら

  • 資料請求・お問い合わせ
  • お電話でのお問い合わせ 047-422-1291
  • 受付時間:月~金曜日(祝日・弊社休業日は除く) 9:00~17:30