ハンズフリーでピッキング効率向上と商品破損のリスクを低減 :鴻池運輸株式会社

ハンズフリーでピッキング効率向上と商品破損のリスクを低減

利用サービス
会社概要
社名
鴻池運輸株式会社
本社所在地
〒541-0051 大阪府大阪市中央区備後町2-6-8
創立年月日
昭和20年5月30日
従業員数
連結:約20,000名 単独:約13,500名
事業内容
生産工程,一般・物流・国際物流,医療関連などの分野のサービス
主要取扱製品
医療機器・ 器具全般、診断薬、透析関連商品等(鳥栖メディカル流通センター)

鴻池運輸株式会社は、鴻池グループとして総合物流を中心に、環境や安全・品質に配慮した10のサービスをグローバルに展開し、食品や機械、鉄鋼、医療などのあらゆるフィールドに向けて独自の物流サービスを提供しています。医療関連サービスにおける物流管理の役割を担う鳥栖メディカル流通センターは、様々な医療機器を保管し九州全域及び中国地方の一部の医療機器卸企業へ配送を行っております。
シーネットの音声認識システムは、出荷先である約3,500の病院・クリニック向けのケースピッキング作業に導入され、月200,000行の出荷明細の内、重量物であるケース品30,000行が音声認識システムによって作業されています。音声認識システムが導入されてから半年後の効果と今後の展開をお伺いしました。

導入の経緯

導入のきっかけ ―作業者は重量物を効率的かつ安全に取り扱う必要があった

センターの立ち上げ時に、立ち上げ1年後には1ケース15kg~20kgの重さがある透析薬の取り扱いを開始する計画がありました。そのような重量物はどうしても両手でなければ扱うことができないため、ハンディターミナルでの作業の場合、一度どこかにハンディターミナルを置く必要が生じるので、非効率になることを懸念していました。また、商品が重量物であるために安全に取り扱う事が課題になっていました。
そこで鴻池運輸では、センターの設計の段階から、両手が自由に使えるハンズフリーによる作業の効率化や作業者の安全といった効果を求め、音声認識システムの導入を検討しました。

システムへの要望 ―直感的な作業で労力や時間を削減させたい

ピッキング作業において、作業者と音声認識システムとのやり取りが声やスキャンによって直感的にでき、労力や時間を削減できるシステムであること、また、現場の運用に合わせて都度改善を行っていくことのできるシステムであることを求めていました。

シーネットを選んだ理由 ―物流ノウハウがあり、日本語の認識に特化した開発をしている

まず、シーネットがWMSを自社開発している会社であるため、物流要件に関する話がスムーズにできるなど、物流に対する専門性が高い点が評価できました。また、音声認識システムを開発している会社が複数社あることは知っていましたが、シーネットがアルファベットや数字だけでなく日本語認識の開発に積極的に取り組んでいたため、日本語の認識率が他社よりも優れていると判断し、シーネットの音声認識システムを採用しました。

導入効果

ハンズフリーによって効率的なピッキング作業の実現と商品破損リスクを低減

ハンディターミナルで作業を行った場合、バーコードをスキャンした後にハンディターミナルを一旦どこかに置いてから商品を持つという手間が生じてしまいますが、音声認識システムであれば両手が自由に動かせるため、ハンディターミナルを置く手間を省くことができ、効率的なピッキング作業が実現できています。また、ハンディターミナルでは画面と商品を交互に確認しながらの作業のため、商品から目線を外してしまうことがありますが、音声認識システムであれば耳から聞こえる指示に従いながら両手で作業できるため、商品から目線を外さず作業に集中することができています。医療機器には慎重な取り扱いが必要な商品が多数あるため、目線を外さず両手でしっかりと商品を持てることが、商品破損のリスクの低減にもつながっていると感じています。

負担の少ないシステムで作業者を支援

ヘッドセットから聞こえてくる指示に沿って作業を進めるだけですので、新人の作業員でも迷うことなく作業を完結させることができています。人にもよるのですが、1週間もあれば音声認識システムを使った作業に慣れることができるので、作業者だけでなく教育担当者にとっても負担の少ないシステムであると思います。また、ハンズフリーで両手を使って商品を持つことによって、作業者は安全な作業が実現できていると感じます。

WMSとの連携による適切で精度の高いピッキング作業

鴻池運輸のWMSとシーネットの音声認識システムが連携しており、ピッキング作業のデータは鴻池運輸のWMSから直接取り込まれています。そのため、現場ではWMSから送られてくるピッキング指示のもと、適切なピッキング作業が実現されています。また、取り扱うほとんどの医療機器には「GS1-128」という、ロットと有効期限の情報が足された特殊なバーコードが貼付されているのですが、音声認識システムではバーコードをスキャンするとその情報が音声で聞こえてくるため、ロットと有効期限の確認に集中することができ、精度の高いピッキング作業が実現できています。

将来の展望

新しい仕組みに積極的にチャレンジをして、医療の安心に貢献していきたい

鳥栖メディカル流通センター

医薬品卸・医療機器卸業界の競争が激化している中で、お客様は品質の担保や納品工数の削減など、物流における様々な工夫や拡充を考えていらっしゃいます。鴻池運輸では、このようなお客様の要求にきちんと応え、満足いただけるような物流サービスを提供し続けていくためにも、音声認識システムのような新しい仕組みに今後も積極的にチャレンジをしていきたいと思っています。そして、これからも様々な物流サービスを通じて医療の“安心” に貢献していきたいと考えています。

ページトップへ

お問い合せ・資料請求

鴻池運輸株式会社の導入事例についてのお問い合せ・資料請求はこちら

  • 資料請求・お問い合わせ
  • お電話でのお問い合わせ 047-422-1291
  • 受付時間:月~金曜日(祝日・弊社休業日は除く) 9:00~17:30