音声による入出荷検品で作業効率大幅アップ! :ケイヒン配送株式会社

ケイヒン配送株式会社

ケイヒン配送株式会社

会社名 ケイヒン配送株式会社
事業内容 通信販売・卸小売業の共同ディストリビューションセンターの運営
現場 バーコード管理されていない通信販売商品の入荷検品・出荷検品
URL http://www.keihin-haiso.co.jp/

現場作業の特徴

バーコードのない商品バーコードはなく、
商品管理番号で
商品をチェック

取扱商品である通信販売商品は、バーコード管理されていない商材およびバーコードシールを貼付する運用が難しい委託品を扱っているため、商品管理番号での管理をしています。システム化する際、HTによる入力も考えましたが、商品管理番号が7桁もあるため人為的ミスが懸念されました。 また、多品種少ロットなため、特に入荷検品の際の商品探しがカルタ取りのように煩わしく感じられていました。

そこで音声認識システムを導入し、商品管理番号を読み上げることにより作業をシステム化しました。音声による商品指示から商品を探すのではなく、手元の商品から検品にかけてシステム上で照合させます。 入荷検品の際はモバイルプリンタと連動させ、手元で入庫ラベルを発行させます。 また、出荷検品の際はスキャナと連動させ、リアルタイムで伝票との照合を行っています。

出荷検品作業現場の風景
出荷検品作業現場の風景 音声端末は作業の邪魔になりません

導入後の効果

導入前は、目視による入荷検品・出荷検品作業で商品管理番号が7桁もあるため、納品書や明細書との照合作業が煩雑で作業ミスを誘発しやすい作業方法でした。また、多品種のため、特に入荷検品の際にリストから商品を探すのにカルタ取りのように手間と時間がかかり、煩わしさを感じていました。

音声認識システムを導入後は、商品管理番号を見ながら読み上げるだけで簡単に、かつ正確に検品ができるようになり、また、リストがなく両手が使えるため、両手で商品を扱えたり、1アイテム検品中に次のアイテムを手に取っていることが可能で、スムーズに無駄なく作業ができるようになりました。

さらに、手元にある商品から検品にかけられるため、「探す作業」が全くなくなり、作業時間が大幅に減りました。 入荷検品の際には、1アイテム検品毎に手元で入庫ラベルを発行でき、間を置かずに商品に入荷ラベルを貼ることが可能となったため、後に続く入庫の作業が効率よくできるようになりました。

出荷検品の際には、伝票バーコードを読ませることにより、伝票に紐付いている商品の照合となるため、商品間違いや伝票間違いがなくなり、誤出荷率をシステム導入前の 1 / 5 に抑制させることができました。 また、現場には1分ごとに進捗管理ができる大型液晶モニターを導入し、現場における業務進度がリアルタイムでわかるようになり、効率的な人材配置が可能となりました。

モバイルプリンタと連動 入庫ラベル発行 リアルタイムな業務進度を把握
モバイルプリンタと連動
手元で入庫ラベルを発行
入庫ラベル発行により、
入庫作業が楽になりました
大型液晶モニターでリアルタイムな
業務進度を把握
スキャナと連動 両手で作業が可能
スキャナ(リングタイプ)と連動
伝票バーコードをスキャン
両手で作業が可能
スムーズで無駄のない作業

現場からの声

現場担当 原田様現場担当 原田様

導入3日後には作業者全員が使いこなせるほど 、操作が簡単でした。また、会話が「はい」「いいえ」などの簡単な応答だけなので、作業が格段に早くなりました! さらには両手が自由に使えるので、荷物の持ち運びがラクになりました!特に女性従業員に好評です!

ページトップへ

お問い合せ・資料請求

ケイヒン配送株式会社の導入事例についてのお問い合せ・資料請求はこちら

  • 資料請求・お問い合わせ
  • お電話でのお問い合わせ 047-422-1291
  • 受付時間:月~金曜日(祝日・弊社休業日は除く) 9:00~17:30