シーネットCEOブログ「Creation」

2013年2月21日(木) リスク管理への意識と責任

通販業界で特徴的な事象に関して少々お話ししたいです。
従来、物流システムを入れ替える場合、様々な問題を想定しなくてはなりません。

通常、3PL企業様のWMS稼働に失敗した場合にも様々な問題が発生します。
例えば、賞味期限を誤って出荷した場合、その3PL企業様のビジネスそのものを失うようなリスクを含んでいることを、我々WMSベンダーは認識しなくてはなりません。
当然ですが、開発者の一員までその気持ちを持たせることが重要です。

もし、このように通販業界においてシステムが原因で出荷が遅れた場合、一般通販顧客は簡単に受注キャンセルをしてしまうということを我々WMSベンダーはよく理解し、そのリスクを共有しておかなければならないということです。
大手の場合、その額が何億まで広がっていきます。WMSベンダーとしてこのリスクは十分認識した上で、対応していかなくてはなりません。

余談ですが、昨日は福井への出張帰りに越前ガニをいただきました。

越前ガニ

FacebookTwitterでも情報発信をしております。

ページトップへ