シーネットCEOブログ「Creation」

2012年11月12日(月) 音声認識特許取得できました

この度2007年に出願しておりました音声認識システムに関する特許が受理され、登録されましたのでお知らせ致します。
取得致しました特許は音声認識装置を使用した“物品の出入管理システム”です。

倉庫内でのピッキングに音声認識を使ってロケーションを確定する場合に有効な業務フローを申請しておきました。
この音声認識を使った入出庫管理の重要なロケーション確定の実務等に必ず使うパターンですのでかなり有効な特許取得になりました。 従来から賞味期限等を始め、20年前から特許申請を行ってきていますが、今回も新たに特許取得ができました。 ソフトウエア・ビジネス特許はこれからのソフトウエアのパッケージビジネスやらクラウドビジネスには必ず戦略上重要なファクターになると信じています。
真面目にこの申請一つで、ビジネスを守ることができるわけです。

今回の内容を簡単に特徴をご説明致しますと、倉庫内作業にて音声認識装置を使用し、出庫作業する際に商品とDB内のロケーション等の番号とを紐づけ記録させるシステムです。
正しければそのまま正常記録させ、存在しない場合には再度読み上げを要求させるように設計されています。
他にも ①出庫予定データと出庫実績データ、ロケーション情報、数量を音声合成 ②出庫予定データはロケーション等の情報を組み合わせたDB ③出庫予定データの音声認識があいまいでも、登録されているロケーション等の番号が一致した場合は実績として更新 以上の特徴を有します。
さらに 現在申請中のものもございますので、登録されましたら再度ご報告させていただきます。詳しくはホームページに記載する予定です。
今回の特許については検索キーを添付しておきますので、ご覧ください。→http://kantan.nexp.jp/search.html?w=%E5%B0%8F%E9%87%8E%E5%B4%8E%E4%BC%B8%E5%BD%A6&lmt=n&k=0&kc=C3&m=src

FacebookTwitterでも情報発信をしております。

ページトップへ