シーネットCEOブログ「Creation」

2012年10月8日(月) CSCMP 『The Path to Value Chain Visibility and Control』

次のセッションでは、ファイザーの事例発表講演に参加しました。

彼らの自社名称のファイザーグローバル輸配送システム“logistics Delivery Platform”。
このシステムはクラウド型テクノロジーを全面採用して構築されており、従来のテクノロジーを超えた革新的な方式で全世界をネットワーク化し、イノベーションをもたらしたそうです。

この構築には約2年間で従来のテクノロジーから入れ替えられ、しかもプロジェクトは15名程度のスタッフで成功したそうです。
ネットワーク図がプロジェクターに映し出されましたが、ほぼ全世界にネットワークが繋がっていました。


≪CSCMP情報をもっと見る≫
FacebookTwitterでも情報発信をしております。

ページトップへ