シーネットCEOブログ「Creation」

2012年10月8日(月) CSCMP 『Item-Level RFID Now is The Time 』

 

午前最初のセッションは、『Item Level RFID NOW is The Time』に参加。
ここ数年、RFIDのテーマはあまり取り上げられなかった話題でしたので、興味津々で受講してきました。

このセッションでは、最大級のアパレルファクトリーとしてのアメリカンアパレル の事例を紹介、この企業は若者のファッション向けアパレルが主体でカラー・サイズ・デザインが豊富でそのプロダクトレンジを毎年拡張させてきました。2003年3店舗からスタートして2009年には300店舗を超え急成長、RFIDを導入し成功した事例研究では、なぜRFIDを全面採用したのかに関して企業の方が発表されていました。

様々なカラー・サイズ・デザインごとの販売はその反面、在庫ロスが10%以上、店頭への補充は大変な作業となり、そのため店舗の作業負担が大きな課題となりました。そのためRCV(受け入れ場所)フロアーからセールスフロアー間の各作業エリアのアイテム単位でのリアルタイムでの見える化を商品ごとのRFIDタグをつけることで生産性向上を期待しました。
倉庫から店舗、店舗のRCV Station(受け入れ場所)からBack Station(保管場所)、Fill Staition、Validation Station そして Sales Floor(陳列)、POS(販売)までの全ての商品の移動が自動的にこのラベルで管理されるというものです。当然POS販売も通常のPOSとRFIDリーダー併用で管理されており、販売管理はもちろん、店舗内の各作業場所単位の滞留時間も自動的にトレース管理され、ROI投資効率を高めて成功されたそうです。
従来の補充作業には、5人~6人の作業員が6時間をかけておりましたが導入後2時間で完了できるようになり、また、常に店頭にはすべてのサイズ・カラー・デザインが並べられ、お店の生産性が大幅に向上されたそうです。

≪American ApparelのHP≫ http://store.americanapparel.co.jp/
≪事例紹介の動画(英語版)≫ http://www.youtube.com/watch?v=SKqwqLQlXbI


≪CSCMP情報をもっと見る≫
FacebookTwitterでも情報発信をしております。

ページトップへ