シーネットCEOブログ「Creation」

2012年7月31日(火) 大型物流センター訪問

今回、某大型物流センターへ事前調査の為に訪問しました。
詳細内容は記載できませんが、日本屈指の物流センターの一つです。

しかしながら20年経過した物流施設は時代の流れについていけず様々な弊害が物流障壁になっており在庫の滞留が見られました。 自動倉庫の大型クレーンは24時間稼働していましたが、在庫滞留からくる時間的ロスは全体サプライチェーンのROIを大きく阻害していました。
向こう10年のサプライチェーンの効率から考察して大きなメスを入れていかないと企業の存亡にかかわると直感しました。 それには最新テクノロジーで設計されたリアルタイムWMSを中心としたマテハン機器と最新音声認識を中心としたピッキングシステム・無線RFID、さらには海外との在庫管理システムの融合が不可欠です。

シーネット技術グループが中心となり勉強会がこれから開始されます。

FacebookTwitterでも情報発信をしております。

ページトップへ