シーネットCEOブログ「Creation」

2011年11月7日(月) エンディング・ノート感想

先日 エンディング ノートの映画を観てまいりました。
千葉中央にある千葉劇場で見ました。映画館は地方劇場なため50名くらいの劇場でしたが
かなり席が余っている様子。17名程度がお客さんとして来場されていました。
やはりマイナーな映画ですから仕方がないですね。
内容は68歳の元化学メーカーの役員が定年退職退職後の話で68歳に肝臓がん末期の発見
で余命半年と宣告されたドキュメンタリーでして実際の家族が主人公と一緒にすべて実際の
方々が出演されていました。映画撮りは末娘さんがビデオを撮影して監督するといったすべて家族
で監修されていました。
特に半年間の主人公の実写ですから家族愛・ご自身の生きざま等、そして最後を迎える瞬間まで
こくめいに映し出されており、同年代らしき来場者、これから熟年を迎える年代の方々には
一度みる価値が高いと思いますが、若い方々には少々きついかもしれません。
最後の亡くなられる段階は以外にも早く訪れあっという間に亡くなられた感じで、このように亡くなって
行くんだなって改めて考えさせられました。一度お時間のある方は上映がもうじき終わりますので
ぜひご覧になってください。特に中年以上の方にはおすすめです。
FacebookTwitterでも情報発信をしております。

ページトップへ