シーネットCEOブログ「Creation」

2011年10月17日(月) 新製品 運賃計算システム リリース予定

 
ci.Himalayas 新ラインナップ登場予定

ブログにリリース予定は適切かどうかわからないが、開発企画と相談している
従来、ASPタイプでリリースすでにリリースしていました。しかしながら機能が
年輪を重ねるように充実してきたので新しくライセンス・ハウジングで販売を再開します。
ライセンスは少々お高いですが、長い目で見るとお得です。
手前味噌ですが社内開発とよく比較されますが、スクラッチから作成すると約1億円以上は費用が掛かりますのでやはりそれに比べるとお得です。

概要
今回の運賃計算システムは36種類の運賃表および10種類の契約条件を利用した運賃計算設定により、ほとんどの運賃契約に対する運賃計算を可能としています。
また、配送実績を登録する事により、同じエンジンを使用した支払計算も可能です。
売り上げと支払いが同時にできるので内部監査上も監査法人の適用は問題ありません。
特に上場会社の物流子会社等の厳しい監査やら、ERPとの細かなインターフェースも取り込み新しい機能が追加されグレードアップさせました。

リリース予定は11月。

詳細は企画部まで。

正式なリリースレターは11月にメルマガ等にてご案内いたします。

FacebookTwitterでも情報発信をしております。

ページトップへ