シーネットCEOブログ「Creation」

2014年12月3日(水) データセンターの危機管理

データセンター関係の情報センター協会よりIDCの動向に関して話を聞いて驚きましたのでブログに載せます。 話は当然の予想通りにBCP対策の話が集中しました。
東海地震、東京直下型地震と話が続き、富士山噴火災害予測にまで話が進むと、この50年間くらいで富士山が噴火する周期があるそうです。実際のところ御嶽山の噴火は突然の噴火に驚いたのは記憶に新しいですよね。 変な話、来年にでも富士山が噴火してもおかしくないそうです。東京は約2センチの火山灰の降灰?で交通機関はマヒするようです。怖い話ですね(^_^;)

一番の危機管理上、よく発生する災害があるそうです(意外ですが・・・)なんと人災だそうです。
過去の例を述べていましたが、それが一度起こると約10時間以上の機器故障になるそうですよ。最近、大手プロバイダ―がすべてのデータを消去してしまった例もありますが、一番多いのはUPS電源の操作ミスだそうです。保守点検などでUPS電源を間違って落としてしまうそうです・・・・怖いですね

 

FacebookTwitterでも情報発信をしております。

ページトップへ