シーネットCEOブログ「Creation」

2014年11月12日(水) 国破れて山河在り 杜甫博物館

「国破れて山河あり、城春にして草青みたりと、笠うち敷きて時の移るまで涙を落としはべりぬ。夏草や 兵どもが 夢の跡」有名な一節ですがこれは杜甫の代表作「春望」を引用した松尾芭蕉の奥の細道の冒頭の一節ですね。 今回、成都で有名な記念館だという事で最後の帰国前日にちょっと寄り道しました。

FacebookTwitterでも情報発信をしております。

ページトップへ