シーネットCEOブログ「Creation」

2014年10月13日(月) omni channel  & テクノロジー

オムニチャネルは流通業界のもっとも熱い話題の一つです。ウォールマートでは既存店舗の売上増大は見込めず、通販(E-Commerce)での販売が前年対比24%増という現状の中で店舗と通販の共存で競争力を高めるのが目的です。ORDER FULFILLMENTとPICKINGの関係で気になる状況は従来のWMS+RFの利用率が65%、そして驚くことに45%が紙ベース、そして16%がVOICE、PICKLIGHTが6%といった現状です。意外と通販分野でのVOICEは堅調でした。店舗でのPICKINGは特徴的にはI-PADのような画像表示ができるハンディが14%で今後伸びる可能性が高いと予想されています。

全般的な在庫管理に関しては、DC+店舗在庫を共有させることが必要になるので(現実59%実行中、37%が計画中)サプライチェーン全体での在庫精度を高めなくてはならない。つまり店舗にあるものは店舗から出すのが先でしょうから当たり前ですが、引き当てロジックではなく在庫精度とルールつくりが重要ですね。

実際にどのようなテクノロジーが活用され、今後重要になるのかの傾向予測ですが、実際使われるのは87%がWMS、56%がDOM、在庫最適化51%、益々 WMSの機能拡張が大事になりますね。

 

 

FacebookTwitterでも情報発信をしております。

ページトップへ