シーネットCEOブログ「Creation」

2014年6月16日(月) ヘレンハウゼン王宮庭園


空いた時間に少し足を延ばして、観光地として有名なヘレンハウゼン庭園に寄ってみました。
天候もよく、青空に緑が映えてとても美しい光景が目の前に広がります。

<ドイツ観光局より紹介文引用>
ニーダーザクセン地方のハノーファーには、選帝侯妃ゾフィー・フォン・ハノーファーによって造られ、ヨーロッパで最も美しい庭園に数えられるヘレンハウゼン王宮庭園があります。
その中心となるのは、巨大な野外宴会場「グローサー・ガルテン」です。1666年に建造が始まり、1696年から1714年にかけて選帝侯妃ゾフィー・フォン・ハノーファーによって今日の姿に形づくられました。
文字が描かれた大花壇や夏の花3万本による、整えられた自然です。

真っ白な砂岩による彫像が多数飾られており、たとえばヘラクレスは棍棒を持って中央道を監視し、ビーナスが天使と共に右手を眺めています。 バロック庭園は、リアリティと誇張によって大成功を収めています。大噴水 (82メートル) は、ヨーロッパの庭園にあるものとしては最も高い噴水ですし、大型カスケード (多段式の滝、1670年頃) は、現存する最も古いものに数えられています。
金色の彫像が立ち並ぶ、ドイツ初の庭園劇場は、今日なお選帝侯妃の時代と同様の、華々しい雰囲気を醸しています。 1720年建設のオランジェリー、そして2000ものスケッチが集められたヴィルヘルム・ブッシュ博物館もまた一見の価値があります。

FacebookTwitterでも情報発信をしております。

ページトップへ