シーネットCEOブログ「Creation」

2014年2月19日(水) どん底から生まれた宅急便 

毎年恒例の千葉銀行 講演会が行われました。
幕張の某ホテル会場 数百名はいるでしょうか、いつも通りの盛況ぶりでした。
例年、ちばぎん総合研究所 代表から今年の景気動向の話から始まります。
その後は、外部からゲストを招いての約1時間程度の講演となりますが、今年はヤマト運輸元社長の都築幹彦さんが登壇されました。 有名な小倉昌男氏とともに戦ってきた話を、1時間ほど語られました。
なんと御年85歳だそうですが、直立不動で淡々と話をされる姿はとてもそうは見えず驚きました。
宅急便を始められた当初3つの壁が立ちふさがった話、最初は社内の猛反発、二番目は認可制度を巡る国交省役人の反発、そして最後は・・・・。
写真は当日開場で販売されていた著書“どん底から生まれた宅急便”都築幹彦著 日本経済新聞社
私も早速購入して読み始めました。



ホテルロビーには雛人形が飾ってありました。もう2週間もすれば桃の節句ですね。

FacebookTwitterでも情報発信をしております。

ページトップへ