シーネットCEOブログ「Creation」

2014年1月17日(金) BCPの一環として

弊社のIDCは、東京南部に位置しているのですが、昨年国から発表された「首都直下型地震」の新被害想定(最悪時)を自分の机の横に貼って眺めながら、色々な案を検討しています。 最悪時死者23000人、被害総額は国家予算並みの95兆円、皆さんも既にご覧になったと思います。さらには焼失棟数61万棟ですよ。

その時はっと思ったことは、地震発生時、IDCに要員を派遣しようとしても誰が行くように指示できるのか?また火災の発生している真っ只中に誰が行くのか?大きな疑問を感じました。
センター自体は大変立派なセンターで当然問題ありませんが、この最悪時の被害マップを見ているとそれどころではないと感じています。
同時並行で、最近は他の地域でのセンター開設を検討していますが、千葉県白井は関東では岩盤等が強く防災マップ的にも優位点が多く、また多くのIDCが設立されています。 今回、あるセンターの検討を開始したのですが、なんと検討途中に全棟まるまる大手企業が借り上げてしまって満杯になってしまいました。企業のデータセンターがより安全な場所に避難しているということです。我々も急がなくては・・・・

FacebookTwitterでも情報発信をしております。

ページトップへ