シーネットCEOブログ「Creation」

2013年3月22日(金) 動態管理システム

スマートフォンやタブレット端末でGPS機能を利用して、人の動きを管理したり、車輌の位置情報を監視したり、さらには作業ステータスも同時に確認できるようなシステムで何か適当なものはないかと探索しておりました。
以前より興味のあった分野ではあるのですが、先日、動態管理や位置情報システムのソリューション開発をされている企業様にお話しを聞かせていただきました。
具体的に多方面にて活用されている事例等、大変興味深く聞かせていただきました。
弊社で提供している倉庫管理システムとは別に、倉庫内にて作業員の動線を確認し、作業ステータスを入力してリアルタイムで情報共有ができたりと、一つの端末で必要な情報を個々人で把握、確認ができればと思ったのです。

いくつかご紹介いただいた中で、特筆すべきは被災地の状況報告アプリケーションでした。
こちらは通常、紙ベースとしていた報告書を項目毎に入力する形で、写真の添付やインターネット上の地図サービスから位置情報を取得したり、調査ルートを残したりと情報を集約することができるのです。
操作も簡単ですし、調査済みのレポートはその後の集計やデータ分析にも役立てられています。

他にも、ある研究所では、作業員の動線をデータ化し、ベテラン作業員と新人作業員の動きの相違を分析することにも利用されていました。 これには専用のセンサー端末を装着しなければなりませんが、まさに人の行動の可視化ですね。

物流業界における作業の効率化は今や必須条件でありますが、このGPS機能を上手く利用することで、今後の可能性といったものが更に広がるのではないかと思うのです。
なににせよ、近年のスマートフォン、タブレットの普及は目覚ましいものがありますので、ここにフォーカスを当てビジネス展開が広くできるものと思います。

FacebookTwitterでも情報発信をしております。

ページトップへ